立体駐車場を利用する際にはメーカー確認をする

立体駐車場を利用する際にはメーカー確認をする

category01

立体駐車場には様々なメーカーが有り、メーカーによって操作方法が異なります。

他種類に及ぶ立体駐車場のメーカー情報サイトをご利用下さい。

初めて使用するメーカーの立体駐車場の場合は、普段使用しているものと違うので、操作手順を誤ってしまうと故障したり、止まってしまうので、注意が必要です。

メーカーによって、車高スペースも異なりますので、自分の車の車高で問題なく立体駐車場に停める事が出来るのか確認してから入庫する様にして下さい。



車高オーバーしてしまうと車が傷ついてしまいますし、その状態で動かしてしまうと全体が停止ししていまい、復旧するのにも時間がかかります。

その間は他の車の入出庫も出来なくなるので、他の利用者にも迷惑がかかってしまいます。万が一、その様な状態になった場合はメーカーに直ぐに連絡するようにして下さい。立体駐車場にはメンテナンス契約をしている業者がいるはずですので、支障が出た場合には24時間対応に駆けつけてくれます。



自己責任の場合は有償対応になることもありますが、自分で解決するのは難しいので、立体駐車場の不具合が生じた場合には直ぐに業者に連絡をとるようにしましょう。

単純な操作ミスによるエラーであれば、連絡をするだけで復旧の手順を教えてくれる場合もありますし、遠隔操作にて復旧することもあります。

自分で対応してしまうと余計に事態が悪化してしまう可能性もありますので、知識があったとしても自身での対応は控えるようにして下さい。
故障が悪化してしまうと復旧に多くの時間がかかるためです。

駐車場の特徴紹介

category02

借家やアパートとは違ってパーキング施設は手間なく恒常的な利潤を得ることが可能です。空き地さえあれば簡単に始められますから参入へのハードルが低いことも魅力になります。...

subpage

駐車場のみんなの常識

category02

普通のパーキングエリアはどこにでもあるサービスです。これとは別に大臣が認定する駐車場と呼ばれるものがあるので知っておくといいでしょう。...

subpage

駐車場の納得の事実

category03

駐車場の認定は安全確保をしっかりと行うために必要なものですが、同時に経営を効率化する上でも非常に重要な要素です。利用者は認定を受けている駐車場に対して安心感を持って利用することができるため利用率が高まり利益が向上すると言う効果があります。...

subpage

知りたい駐車場事情

category04

駐車場の重要性は言わずもがなですが、ただ車を停めるスペースがあれば良いという問題でもありません。例えば大型の駐車場の場合、万が一の事故や災害が起こると大きな危険が発生し、それが車へと影響を及ぼすことで被害の拡大に繋がってしまうということもあります。...

subpage