整形外科の対象について

by:

二重治療新宿美容

整形外科は運動器官を構成する全ての組織を対象としており、その病態の解明と治療法の開発、診療を行う専門領域となっています。その対象は脊椎や脊髄、骨盤、上肢、下肢など広範囲に及びます。新生児から小児、学童、成人、高齢者まで全ての年齢層が対象となっており、治療内容はさまざまで患者数もとても多くなっています。どこの病院でも新患数や外来患者数、入院患者数などが多く、需要の多い診療科の一つとされています。

手術件数もかなり多いということですが、これからはさらに高齢社会の加速や事故などの増加によって需要が高まっていくと考えられています。スポーツ障害や外傷なども増えていますし、労働災害などの増えていくことになるでしょう。自覚症状としてはいろいろあるのですが、男女ともに腰痛や肩こり、手足の関節の痛みなどが最も多くなっています。整形外科領域の疾病の重要性が分かってくるのですが、国民の豊かで安心できる生活をサポートする診療科であると言えるでしょう。

患者が最も多いものは腰痛となっており、次が肩こり、そして手足の関節痛などとなっています。整形外科では、腰痛や肩こり、変形性関節症などの疾患のコントロールが課題となっており、これらの慢性疾患は高齢化社会において避けて通れないものです。また、それだけではなく、外傷や手の外科など整形外科医は運動器の全ての疾患を扱うことになるため、その範囲は非常に多岐に及ぶということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です