レーザーによるしみ治療で肌のコンプレックスを解消

by:

シミ治療新宿美容

しみができてしまうと、実際の年齢より年上に見られてしまいがちです。ですので、ファンデーションやコンシーラーなどのベースメイクで、しみをカバーしているとい女性は少なくありません。しかし、メイクでしみをカバーするとなると、かなり厚くファンデーションやコンシーラーを塗る必要があり、厚化粧となってしまいます。メイクでカバーする事なく、しみを目立たなくしたいのであれば、やはり治療が1番確実な方法と言えるでしょう。

美容皮膚科では、様々なしみに対して治療を行っています。特にレーザーを使ったしみ治療は、改善の効果が高いと人気です。レーザーを使ったしみ治療はしみの原因となっているメラニン色素を、レーザーの熱で破壊し、薄くする美容医療です。レーザーを照射した直後は、壊れたメラニン色素が肌表面へと上がってくる為、濃くなったように感じてしまいますが、やがて垢と一緒にメラニン色素が排出されると、しみが目立たなくなる仕組みとなっています。

メラニン色素が浅い部分に沈着している場合、1回の施術でも十分に美白の効果を実感できるでしょう。レーザーを照射する時は一瞬、輪ゴムで弾かれるような感覚があります。ですので、痛みが不安という方は塗るタイプや貼るタイプの、麻酔を施してくれるクリニックを選んでみましょう。このような麻酔をしてから施術を受ければ、ほとんど痛みを感じる事はありません。

美白化粧品でケアしても、しみが改善しないという場合レーザーでのしみ治療を検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です