自分に合ったシミ治療で出来てしまったシミを薄くする

by:

シミ治療新宿美容

お肌のシミとは、ターンオーバーで正しく排出されなかったメラニン色素が残ってしまう現象を言います。原因としては、加齢、遺伝、紫外線、物理的な刺激、ホルモンバランスなどがあげられます。自分で出来る予防法には、日焼け対策やお肌を擦らない事などがありますが、加齢や遺伝、またはホルモンバランスなどが原因で出来てしまうシミに対してはなかなか予防することは難しいかもしれません。出来てしまったシミは、シミ治療で良くなる可能性があります。

主に皮膚科で治療してもらえます。治療法はシミの種類によっても違います。外用薬や内服薬、それ以外にIPL光治療器による治療やレーザー治療などの方法があります。外用薬は強い漂白作用のあるハイドロキノンや、表皮の深いところにあるメラニン色素を排出する効果のあるトレチノインなどが使われることが多いようです。

これらはとても強い薬を使う治療なので、使う場合は医師の指導のもと正しく使いましょう。内服薬はビタミンC誘導体や、L-システイン、トランサミンなどが処方されるようです。他にもシミ治療には効果的なIPL光治療器を使った治療というものがあります。光エネルギーによりメラニン色素を反応させ、浮き上がらせることが期待できる方法です。

外用薬との併用でも効果が高くなります。肌へのダメージが少ないため、治療後に洗顔やメイクが出来ることも特徴です。このようにシミ治療には色々な治療法がありますが、自分のケースに合う治療法を医師に診断してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です