Skip to content

ベース顔が嫌な人のための美容整形

ベース顔、いわゆるエラが張っている顔は顔が四角張っているのでいかつく見えてしまいます。女性らしさが損なわれてしまうので、女性では気になる人も多いものです。もちろん男性でも気にする人は気にします。ベース顔を隠すために髪型でカバーしている人もいますが、根本的に解決するには美容整形しかありません。

メスを使わない美容整形方法であれば、ボトックス注射が第一選択肢となります。ボトックスは筋肉を弛緩させる作用がある薬物で、咬筋という噛む筋肉があるところに注射を打つことで咬筋を弛緩させてエラ張りを解消させることができます。ただし、骨そのものが出っ張っていてエラが張った顔になっている場合はボトックス注射では十分な効果が得られません。この場合はメスを使った骨切り手術が必要です。

難易度が高い手術でリスクも高めですが、ボトックス注射と違って永久的なエラ張り解消効果が期待できます。ボトックスだと注入しても次第に効果がなくなってしまうので定期的に美容外科で注射してもらう必要がありますが、骨切り、骨削りの美容整形手術であればその効果は一生持続します。現在ではシミュレーションをした上で施術後の顔の形をある程度確認してから受けられる美容外科も出てきているので、できれば事前にシミュレーションをしてくれるところで手術を受けた方がいいです。医師と希望をすり合わせることで、思ったような顔にならなかったという術後のトラブルを防ぐことが可能です。

バストアップのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です