Skip to content

表情ジワの美容整形ならボトックス

美容整形でシワ取りといえば、ボトックス注射を打つことが多いです。ボトックスは表情筋の動きを抑えてシワをなくして行く方法なので、注入量が多すぎたり、打つ場所を間違ってしまうと筋肉に対し不要な作用を与えてしまうこともあります。しかし、まぶたが重くなる、表情が硬くなるなどの症状は必ずしもボトックス注射をしたから起きるわけではありません。ボトックスは注入する部位や量を調整できれば、効果がしっかり出ますし、作用はコントロールしやすい美容整形方法です。

技術と経験のある医師ならば、細かく調整して希望のシワを取ってくれます。強めにすれば完全にシワをなくすことも可能ですし、効果を調整して弱めれば少しシワを残して自然な仕上がりにすることも可能です。万が一表情にこわばりが出てしまっても、ボトックスの効果は時間が経てば自然に消えてしまいます。また、薬で症状を軽減することも可能です。

ボトックスによるシワ取りの美容整形方法だと定期的に注射を受けに行かなければいけませんが、注入を繰りかえすうちに筋肉が動きを抑えることを学習するため、薬の効果が切れてもシワができにくくなっていくので、通院の期間を徐々に延長できるようになります。全てのシワに有効なわけではありませんが、年齢とともに生じやすい表情ジワを改善する効果は高いです。眉間や目尻のシワが気になって自信を持てない人にとっては、ボトックス注射を打ってシワをとる方法は適しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です