Skip to content

ぎっくり腰は墨田区の整形外科で治しましょう

重たい荷物を持ち上げようとしたら、急に腰に激痛が走って動けなくなった場合は、ぎっくり腰の可能性が高いので、墨田区でそのような状態になったら整形外科で診てもらうようにしてください。ぎっくり腰というのは病名ではなく、突然発生した腰痛の総称なので、実際に何が原因で腰が痛くなったのかについては、墨田区の整形外科でレントゲンを撮らなければわかりません。骨折や椎間板ヘルニアの恐れもあるので、病名をはっきりさせたいときは診察を受けることが大切です。自宅や街中でぎっくり腰になったら、とにかく安静にしなければならないので、椅子やベンチで横になるようにしてください。

濡らしたタオルや冷却材があれば、それで患部を冷やせば、次第に症状が落ち着く場合がほとんどです。ぎっくり腰は命にかかわる病気ではないので、焦って救急車を呼ぶ必要はありません。腰の痛みが落ち着いてから墨田区の整形外科に行っても良いので、しばらく安静にするようにしてください。激痛がいつまでたっても治まらなかったり、腰以外の背中や足などに痛みやしびれを感じたら、早めに墨田区の整形外科で治療を受けるようにしましょう。

湿布や内服薬を出してくれたり、痛みが強い場合は注射を打たれることもあります。大抵はそれで治まりますが、骨折や椎間板ヘルニアの場合は治るのに時間がかかります。ぎっくり腰は何度も繰り返す人が多いので、すぐに治まるからといって、お医者さんに診てもらわずに放置するのはやめましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です