Skip to content

美容整形とはどんなものでしょう

美容整形は、正式には『美容外科』と言い、「美意識に基づく人体の見た目の改善」を目指す医学です。外科に分類され、その手術を美容外科手術と呼びます。巷では美容整形と呼ばれていますが、これは正式な名称ではありません。整形外科や形成外科とよく混同されがちですが、医療を目的とした形成外科とは違いますし、整形外科とも全く違うものになります。

美容整形は日本の医学の中ではまだ歴史が浅く、認可されるようになったのは1970年代になってからです。一昔前までは、一部の富裕層の女性と、女優やモデルなど、限られた世界だけのものでしたが、行動成長期を経てとても豊かになった現在の日本では、生活に余裕がある層も増えてきており、美容整形手術が注目されるようになってきました。保険適用外の治療となり、手術費の利益が高いことから、近年は医師の選択肢として美容整形業界は人気が高くなっており、クリニックの数も非常に多くなっています。昨今は、テレビや雑誌などに多くの広告が載せられ、特に富裕層でなくても手の届く金額での提案がされています。

女性ならば誰もが気になるところでしょう。実際、興味を持ってクリニックの門をたたく女性は増える一方で、平均年齢も若くなっています。医学の発展により、技術も高くなった上に、クリニックが増えることで価格も一昔前に比べると安価となり、身近に感じられる存在になっています。「プチ整形」という言葉もよく聞かれるようになりました。

この言葉により、更に気軽に手術を受けようと思う女性が増えてきているのです。まだまだ、「親からもらった体にメスを入れるのは・・・」と躊躇する女性も多くいるのは事実です。しかし、自身が美しくなることで、コンプレックスを払拭し、ポジティブになれるのであれば、それもひとつの選択として考えてよいのではないでしょうか。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です