Skip to content

整形外科は運動器官の組織を診療したり治療する専門家

整形外科は、運動器官の組織を診療したり治療する専門家です。日本整形外科学会が認定する専門医は、医師になってから6年間研修して専門医試験に合格していますので、高度な技術と専門知識を持っています。外科的治療や内科的治療を行っています。外科医的治療には手術などによる治療で、内科的治療には薬やリハビリによる治療です。

症状によって治療方法に違いがあり、先天奇形などの治療には外科的治療を行います。また、椎間板ヘルニアや骨腫瘍や変形性関節症などについては外科的治療と内科的治療両方を合わせて行う治療もあります。高齢者に対しては、人工的な関節を使ったり手術によって運動器官を改善してスポーツや旅行などを可能にします。他にも、薬物療法によって骨粗鬆症を治療して生活しやすくしたりします。

疾病や傷害などによって仕事や勉強やスポーツができない人を、早い段階から社会復帰するためのサポートも行います。仕事や勉強やスポーツは、治療効果に対する期待も大きいため比較的高い水準の治療が求められていますが、整形外科はその要望に応えることができます。整形外科の手法によるリハビリテーションによって、交通事故などの後遺症に悩む方にも対応しています。国民の多くが悩んでいる腰痛や肩こりなどの疾患にも対応しています。

整形外科では、頭部や顔面や内臓などは形成外科や美容整形などの分野になりますので専門外になります。そのため、間違えないようにしましょう。脂肪注入の豊胸のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です