Skip to content

整形外科とさまざまな骨折の症状

骨折は整形外科での治療が可能です。捻挫だと思って整形外科を受診したら、本当は骨折していたというケースもあります。自己判断で済ませないで、整形外科での正しい判断を受けて、適切な治療をしていくことです、関わりがないと思っていても、スポーツや事故などで、骨折をする可能性は潜んでいます。毎日の普通の生活の中でも、転んで骨折することだってあるのです。

日常生活の中での、ほんのちょっとした転倒でも、骨折はすることはあります。様々なケースの骨折があり、重症のレベルや範囲も違います。箇所は足であったり腕や骨盤など異なりますし、それによって治療方法も違います。骨というのは丈夫にできていますが、その骨の強さ以上の圧力によって骨折は起こります。

骨が折れてしまう状態になるわけですが、単純骨折と複雑骨折戸にあかれます。単純骨折は皮膚は破れてはおらず、複雑骨折は皮膚や筋肉が破れていて、骨が傷口から出てしまっている状態です。外傷が原因となって起こる骨折がほとんどです。追突や転落、店頭や交通事故などです。

交通事故を起こしたり、高いところから転落して強い圧力が骨にかかると、複雑骨折を起こします。最悪の場合はそれに加えて、内臓破裂になることも考えられます。スポーツなどの運動のしすぎで、疲労骨折を起こすこともあります。運動で同じ場所に何回も力が加わる事によって、骨には細かいヒビが入ります。

その積み重ねは、しまいには骨折になるのです。疲労骨折をお越しやすいのは、スポーツをしている人や、スポーツ選手などです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です