Skip to content

整形外科で変形性関節症を治す

最近、変形性関節症を抱える人が増えています。変形性関節症になると、関節の周辺が痛くなったり、違和感を感じたり、腫れたりします。人間の体は、軟骨が骨と骨の間でクッションの役目をしていますが、加齢により軟骨がすり減ってしまうと、摩擦が生じてきます。そして、関節を囲んでいる滑膜という部分が炎症を起こすこともあります。

変形性関節症の患者は、1000万人以上いると考えられています。変形性関節症の症状が現れたら、早めに整形外科へ行き、医師の診断を受ける必要があります。変形性関節症は、原因によって一次性関節症と二次性関節症に分かれます。一時性関節症は、原因は未だにわかっていません。

ただ、加齢や肥満などによって発症すると言われています。膝の変形性関節症の多くは、一時性関節症です。二次性関節症は、ケガや病気が元になって発症します。骨折や痛風、関節リウマチなどの疾患や、半月板の損傷などは、二次性関節症になります。

全身の関節が変形性関節症になる可能性があります。特に多いのが膝ですが、膝や股関節、背骨で変形性関節症が発症すると、日常生活で困ることが多くなります。変形性関節症になると、患者は整形外科に行き治療を行いますが、整形外科での主な治療は、薬物療法と運動療法になります。痛みを解消するための薬物治療としては、非ステロイド性抗炎症薬が使われることが多いです。

また、ヒアルロン酸を関節に注射することもあります。運動療法では、筋力を上げるために、リハビリテーションを行います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です