国土交通大臣の認定駐車場とは

駐車場の重要性は言わずもがなですが、ただ車を停めるスペースがあれば良いという問題でもありません。

例えば大型の駐車場の場合、万が一の事故や災害が起こると大きな危険が発生し、それが車へと影響を及ぼすことで被害の拡大に繋がってしまうということもあります。

車のガソリンによって火災や爆発などが起こることもあり得ないわけではありません。


そこで駐車場に防火設備を設置し、安全性を高めようとする動きがあります。

認定の駐車場に関するご質問を解決いたします。

それに対しては国土交通大臣は認定を出すことにより、利用者は安全な駐車場を見つけやすくなっています。
国土交通大臣の認定を受けるにはいくつかの基準をクリアする必要があります。


その1つが先ほどの防火設備です。



他にも開放性を確保しておくことが基準に含まれています。

消防設備も重要となります。

万が一事故が起こってしまった際にはその被害をいかに早く食い止められるかが問題となります。
消防設備が整っていれば、消防車到着後の消火活動が円滑になり、二次被害などの発生を抑制できます。
国土交通大臣が認定するかどうかは安全性が確保できているかにかかっています。そもそも事故が発生しやすい駐車場とそうでないところが存在します。


やはり、面積の割に設置できる車の台数が多いと事故が起こる危険性が高まり、また事故が起こった時に火の手が車から車へと燃え移りやすくなります。
そのため、適切なスペースと台数になっているかも大きなポイントと言えます。