認定されている駐車場とはどんな場所なのか - 立体駐車場を利用する際にはメーカー確認をする

認定されている駐車場とはどんな場所なのか

普通のパーキングエリアはどこにでもあるサービスです。

これとは別に大臣が認定する駐車場と呼ばれるものがあるので知っておくといいでしょう。

パーキングエリアの主要構造部の構造方法や特定の防火設備が指定性能評価期間の防災性能評価を受けている場所のことを指します。

これは国土交通大臣が耐火建築物として認めているものです。

認定の駐車場情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

防耐火についてはの安全性が約束されているものなのでトラブルがあっても安心できます。

耐火被覆を必要としない構造をしているため低コストで建築できるのも認定をしている駐車場の魅力です。



タイプはいくつか用意されているので知っておくといいでしょう。

一層二段型のものは自走公式の原点ともなっているもので1階部分や屋根部分に自動車を駐車できるのが特徴です。

二層三段型のものは1階と2階と屋根部分に駐車できる仕様をしています。
2階建てのもので架構形式はフラットとスキップ、連続傾床式といったものを採用しているものです。

三層四段型は1階から3階までと屋上部分に自動車を駐車できる仕様で3階建てとなっています。

四層五段型は4階建てのもので仕様は工業統一仕様を行っているものもあるのが特徴です。
上記のような認定の駐車場を作りたいときは専門の工業に依頼するのがいいでしょう。専門業者なので敷地を有効利用して建築してくれるのが魅力です。

従来よりも防火区画が簡易化されるため、注射も用意となっているのが強みと言えます。