認定駐車場を経営するには - 立体駐車場を利用する際にはメーカー確認をする

認定駐車場を経営するには

借家やアパートとは違ってパーキング施設は手間なく恒常的な利潤を得ることが可能です。

認定の駐車場情報が満載です。

空き地さえあれば簡単に始められますから参入へのハードルが低いことも魅力になります。


裏を返せば競合相手は非常に多いということです。ライバルに差をつけるためには、独自のメリットを顧客に提示しなくてはなりません。その点で利用者に分かりやすく経営者にも利益が大きいのは認定駐車場の設置です。車は時に何百万円とする、極めて資産価値の高い乗り物です。それだけに安全な保管スペースを確保することが至上命題といえます。


認定駐車場は国土交通省が設定した基準を満たさなければ、許諾されることはありません。

つまり認められれば堅牢さといい耐火性といい優れた施設であることの証明となります。



車のオーナーに利点を示す場合、これほど明快な指標はないでしょう。

認定駐車場として許可されれば耐火設備を簡便化することも可能です。

つまりは初期投資を大きく抑えることができますから、コスト削減や機器の充実に回すことができます。

こうした認定駐車場を建設するには初めから専門企業に依頼することが基本です。

今ある施設に後付で基準を満たそうとすれば、かなりの工事が必要です。
一方で最初から認定駐車場を目指して整備していけば無駄がありません。


新規参入を検討している時ほどチャンスが大きく広がっています。



専門企業と綿密な話し合いを重ねて、技術力の高い工事を実施してもらいましょう。